2017年03月25日

警察庁/埼玉県警/群馬県警/三重県警

(5日付)
【警視監】長官官房審議官=国際・調整担当(埼玉県警本部長)貴志浩平▽埼玉県警本部長(長官官房政策評価審議官兼長官官房審議官=生活安全局担当)鈴木三男▽長官官房政策評価審議官兼長官官房審議官=生活安全局担当(群馬県警本部長)小田部耕治
▽警視庁警務部長(長官官房首席監察官)古谷洋一▽長官官房首席監察官(長官官房人事課長)藤本隆史▽長官官房人事課長(警備局外事情報部外事課長)小島裕史
【警視長】警備局外事情報部外事課長(警備局警備課長)原和也▽警備局警備課長(三重県警本部長)森元良幸▽三重県警本部長(刑事局組織犯罪対策部国際捜査管理官)難波健太▽刑事局組織犯罪対策部国際捜査管理官(長官官房付)和田薫
▽群馬県警本部長(長官官房国際課長)山本和毅
【任警視長】長官官房国際課長(長官官房会計課装備室長)事務官・小山巌
【警察庁事務官】長官官房会計課装備室長(関東管区警察局総務監察部会計課長)長沼晃哉
◎鈴木三男警視監は東京都出身、56歳、東大法、昭和60年警察庁。本部長は3回目。
山本和毅警視長は福岡県出身、52歳、東大法、平成元年警察庁。本部長は2回目。
難波健太警視長は東京都出身、50歳、東大法、平成2年警察庁。本部長は初めて。
和田薫警視長は前北海道警警務部長。
<新年度組織改正>少年課に「性的搾取対策官」、交通企画課に「自動運転企画室」を置き、刑事局「DNA型鑑識官」廃止。警視長(警視正含む)の定員は、1増の590名に。
posted by 大録 | Comment(5) | TrackBack(0) | 警察庁 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国土交通省 4月1日付人事異動
http://www.mlit.go.jp/common/001179469.pdf
に以下の人事発令が掲載されています。

氏名:佐々木慎樹
発令:航空局安全部安全企画課航空保安対策室専門官
現職:警察庁警備局警備課専門官
(48 / 141 ページ)

氏名:藤田裕士
発令:道路局企画課付
現職:大阪府警察本部交通部交通総務課交通安全調査室長心得
(28 / 141 ページ)
Posted by 東生 at 2017年04月03日 10:40
こんばんは!
近畿管区警察局広域調整部長の藤塚哲朗警視長及び後任者と思われる富坂隆史氏の記事を見つけました。
https://kanpou.npb.go.jp/20170403/20170403h06990/20170403h069900010f.html
Posted by CBポリス at 2017年04月04日 01:57
こんばんは!
政官要覧(平成29年春号:電子版)が更新され、下記の役職者が判明しています。

長官官房
 情報公開・個人情報保護室長:警察行政運営企画室長兼務
 監察官:磯丈男(※篠原英樹・出原基成両氏は留任)
 装備室長:長沼晃哉
 厚生管理室長:窪田富士夫
生活安全局
 官民連携推進官:高尾健一(前.鹿児島県警警務部長)
刑事局
 特殊詐欺対策室長:欠員
 指紋鑑識官:堀内雄人
組織犯罪対策部
 犯罪収益移転防止対策室長:国際連携対策官兼務
 犯罪組織情報官:大窪雅彦(前.特殊詐欺対策室長)
交通局
 交通事故事件捜査指導室長:交通指導課長事務取扱
警備局
 画像情報分析室長:小柳津明
警察大学校
 術科教養部長:警備教養部長兼務
 サイバーセキュリティ対策研究・研修センター所長:大橋一夫(前.指紋鑑識官)
 情報管理教養部長:知識親美(前.中部管区警察局福井県情報通信部長)
 通信技術教養部長:末澤洋(前.関東管区警察局栃木県情報通信部長:前任者は谷尚澄氏)
 情報技術解析教養部長:志賀康男(前.内閣情報調査室内閣衛星情報センター技術部主任開発官)
東北管区警察学校長:東北管区警察局総務監察・広域調整部長兼務

異動時期が判明しましたら、掲載をお願いします。
Posted by CBポリス at 2017年04月18日 21:50
おはようございます!
掲載を拝見・確認しました。
大窪・小柳津両氏の掲載もよろしくお願いいたします。
Posted by CBポリス at 2017年04月20日 07:16
大録さんが<新年度組織改正>として、警察法施行規則(内閣府令)の改正内容を紹介されましたが、「警察庁の内部組織の細目に関する訓令」の改正内容を紹介して補足しますと、
少年課に「性的搾取対策官」が新設されたのは、訓令に基づき置かれていた「児童ポルノ対策官」を廃止したことの振り替え措置です。
また、刑事局の「DNA型鑑識官」は内閣府令に基づく役職としては廃止されましたが、新たに訓令に基づく役職として「DNA型鑑識官」を置くこととなりました。
ほかに、訓令に基づく役職としては、外事課に「不正輸出対策官」が、総合研究官としては新たに情報管理課に「情報管理技術総合研究官」が置かれるようになりました。
Posted by 東生 at 2017年04月30日 03:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448367842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック